ご利用方法について

ご利用方法について

 高砂市の「空き家バンク」のご利用方法について、空き家契約に関する貸し手側・借り手側の登録の流れなど詳しくご説明します。
 その他、高砂市空き家バンクの制度概要や、登録業者についても記載しておりますのでご一読ください。

貸し手・売り手側の登録の流れ

1.空き家バンク登録申し込み書の提出

    • 空き家バンク登録申込書 (様式 第1号) をNPO法人ルネサンス高砂に提出する。
    • ・空き家バンクに登録を希望される方は、「空き家バンク登録申込書」に必要事項を記入、押印しNPO法人ルネサンス高砂に提出する。

      2.業者の選定

        • 空き家バンク登録申込書を受け、業者を紹介する。
        • 所有者は、NPO法人ルネサンス高砂に登録している業者に物件調査を依頼する。

        3.物件調査

          • 業者は、所有者の依頼を受け、NPO法人ルネサンス高砂・所有者と一緒に物件の調査を行う。
          • 業者は、空き家バンク登録カード (様式 第2号) を作成し、NPO法人ルネサンス高砂に提出する。

          4.空き家バンク登録

            • 空き家バンクに登録
            • ・登録申込書と登録カードを確認し、空き家バンクに登録をする。
            • 空き家バンク登録完了を所有者と業者に通知する。

            空き家バンクへの登録できる物件

            • 住居、及び貸店舗としての物件
            • 現在居住していない物件
            • 近く居住しなくなる物件
            • 区分所有(ハイツ等)の共同住宅

            空き家バンクへの登録できない物件

            • 土地のみ及び家屋のみの物件
            • 築2年以内の物件
            • アパート、区分所有以外の共同住宅

            注意点

            • 市、NPO法人ルネサンス高砂は、物件の交渉や取引などの媒介行為は一切介入しません。
            • 交渉、取引は、業者の媒介により行います。
            • 契約成立のときは、業者との間に仲介手数料が発生します。
            • 「業者」とは、NPO法人ルネサンス高砂に登録している宅地建物取引業者をいいます。

            高砂商工会議所 ATPについて

            • ATPは、契約後の活動支援を行います。
            • ATPは、所有者の承諾を得た物件については、所有者より空き家バンクに登録していただきます。

            借り手・買い手側の登録の流れ

            1.空き家情報の閲覧

              • 空き家の登録情報をNPO法人ルネサンス高砂のホームページにより閲覧

                2.利用登録申込書の提出

                  • 空き家バンク利用登録申込書 (様式 第7号) をNPO法人ルネサンス高砂に提出
                  • ・空き家バンクの情報を希望する場合は、空き家バンクに登録する必要があります。
                  • 「空き家バンク利用登録申込書」に必要事項を記入、押印しNPO法人ルネサンス高砂に提出してください。

                  3.空き家バンクへの登録

                    • NPO法人ルネサンス高砂は、利用者の情報を空き家バンクに登録

                      4.詳細情報の提供

                        • 希望する物件の詳細な情報を提供

                        5.物件の下見等

                          • 物件の下見を希望する場合業者、または、NPO法人ルネサンス高砂へ申し出てください。

                          6.契約交渉

                          注意点

                          • 利用希望者の条件に合う物件が登録されている場合、利用希望者は業者を通じて交渉に入る。
                          • 交渉、取引に市及びNPO法人ルネサンス高砂は一切関与しない。
                          • 契約成立のときは、業者との間に仲介手数料が発生します。
                          • 「業者」とは、NPO法人ルネサンス高砂に登録している宅地建物取引業者をいう。

                          高砂市空き家バンク制度要綱

                          高砂市空き家バンク制度要綱

                          (趣旨)
                          第1条 この要綱は、市内における空き家の有効活用を通じて、本市への定住促進によるにぎわいの創出及びこれによる地域の活性化を図るため、高砂市空き家バンク制度を実施することに関し必要な事項を定めるものとする。
                          (定義)
                          第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
                          (1) 空き家 住居及び店舗を目的として建築され、現在居住又は利用をしていない建築物(近く居住又は利用をしなくなる予定のものを含む。以下「住居」という。)及びその敷地で、市内に存在するものをいう。ただし、次に掲げるものを除く。
                            ア 賃貸を目的として建築された共同住宅
                            イ 建築後2年を経過していない住居
                          (2) 所有者等 空き家に係る所有権その他の権利(以下「所有権等」という。)により当該空き家の売却、賃貸等を行うことができる者をいう。
                          (3) 空き家バンク 空き家の売却、賃貸等を希望する所有者等から申込みを受けた情報を登録し、当該情報を提供するシステムをいう。
                          (4) 業者 (一社)兵庫県宅地建物取引協会及び(公社)全日本不動産協会兵庫県本部に加入し、高砂市空き家バンクに登録をしている者をいう。
                          (適用上の注意)
                          第3条 この要綱は、空き家バンク以外による空き家の取引を妨げるものではない。
                          (空き家の登録申込み等)
                          第4条 空き家バンクに登録しようとする所有者等(以下「申込者」という。)は、空き家バンク登録申込書(様式第1号)を市長に提出するとともに、空き家バンク登録カード(様式第2号。以下「登録カード」という。)を業者に提出しなければならない。
                          2 業者は、前項の規定による登録カードの提出があったときは、申込者に対する聞き取り、現状確認等必要な調査を行い、その結果を当該登録カードに記入した後、市長に提出しなければならない。
                          3 市長は、第1項の規定による登録の申込みがあったときは、その内容等を確認し、適当であると認めたときは、その旨を前項の規定による登録カードの提出をした当該業者に通知するとともに、空き家バンクに登録しなければならない。
                          4 市長は、前項の規定による登録をしたときは、空き家バンク登録完了通知書(様式第3号)を当該申込者に通知する。
                          5 市長は、第3項の規定による登録をしていない空き家で、空き家バンクに登録することが適当であると認めるものがある場合は、当該空き家の所有者に対して空き家バンクへの申込みを勧めることができる。
                          (空き家に係る登録事項の変更)
                          第5条 前条第4項の規定による通知を受けた申込者(以下「物件登録者」という。)は、登録内容に変更があったときは、空き家バンク登録変更届(様式第4号)を遅滞なく同条第1項の規定により登録カードを提出した業者に提出しなければならない。
                          2 前項の規定による空き家バンク登録変更届の提出を受けた業者は、当該変更内容を確認し、空き家バンク登録変更届を市長に提出しなければならない。
                          (空き家に係る登録事項の抹消)
                          第6条 市長は、第4条第3項の規定による登録をした空き家について、次の各号のいずれかに該当する理由があるときは、当該空き家の登録を抹消する。
                          (1) 物件登録者から抹消の申請があったとき。
                          (2) 登録内容の変更により、空き家でなくなったと認められるとき。
                          (3) 登録内容に虚偽があったとき。
                          (4) 所有者等に移動があったとき。
                          (5) 登録から2年を経過したとき。
                          (6) 前各号に掲げるもののほか、市長が適当でないと認めたとき。
                          2 前項第1号の抹消の申請は、空き家バンク登録抹消申請書(様式第5号)を市長に提出することにより行う。
                          3 市長は、第1項の規定による空き家の登録の抹消をしたときは、空き家バンク登録抹消通知書(様式第6号)を当該抹消に係る物件登録者及び業者に通知する。
                          (利用登録)
                          第7条 市内に定住し、又は定期的に滞在しようとする者で、その者が希望する条件に合致する空き家の情報の提供を受けようとするものは、空き家バンク利用登録申込書(様式第7号)を市長に提出するものとする。
                          2 市長は、前項の規定による利用登録の申込みがあったときは、その内容等を確認し、適当であると認めたときは、空き家バンクに登録しなければならない。
                          3 市長は、前項の規定による登録をしたときは、空き家バンク利用登録完了通知書(様式第8号)を第1項の規定による利用登録の申込みをした者に通知する。
                          (利用登録に係る登録事項の変更)
                          第8条 前条第2項の規定により空き家バンクに登録されたもの(以下「利用登録者」という。)は、登録事項に変更があったときは、空き家バンク利用登録変更届(様式第9号)を市長に提出しなければならない。
                          (利用登録に係る登録事項の抹消)
                          第9条 市長は、利用登録者について、次の各号のいずれかに該当する理由があるときは、当該空き家バンクの利用登録を抹消する。
                          (1) 利用登録者から抹消の申請があったとき。
                          (2) 空き家を利用することにより、公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められたとき。
                          (3) 登録内容に虚偽があったとき。
                          (4) 利用登録から2年を経過したとき。
                          (5) 前各号に掲げるもののほか、市長が適当でないと認めたとき。
                          2 前項第1号の抹消の申請は、利用登録抹消申請書(様式第10号)を市長に提出することにより行う。
                          3 市長は、第1項の規定による空き家バンクの利用登録の抹消をしたときは、空き家バンク利用登録抹消通知書(様式第11号)を当該抹消に係る利用登録者に通知する。
                          (情報の提供等)
                          第10条 市長は、空き家バンクに登録された空き家に係る情報のうち、発信することにより支障がないと認められるものについては、その概要を市の広報誌、ホームページ等により広く公開するものとする。
                          2 市長は、空き家バンクに登録された空き家に係る情報のうち、利用登録者が希望する条件に合致する空き家に関するものについては、利用登録者の求めに応じ、提供できる範囲内において積極的に提供するものとする。
                          (媒介行為)
                          第11条 市長は、空き家の売買、交換又は賃貸の媒介をする行為には関与しない。
                          (補則)
                          第12条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。
                             附 則
                           この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

                          高砂市空き家バンク制度要綱(PDF/454KB) PDF書類|高砂市空き家バンク制度要綱

                          登録業者一覧

                          業者名 所在地 電話番号
                          ㈲ 明石屋不動産 高砂市高砂町清水町1484-1 079-440-4649
                          アース不動産 高砂市高砂町朝日町3丁目2-22-2F 079-444-0140
                          中務地所 高砂市中島1丁目6-10 079-443-1148
                          佐野不動産 高砂市曽根町794 079-448-2663
                          ㈲一誠不動産 高砂市神爪1丁目13-20 079-433-2028
                          高橋建設㈱ 高砂市高砂町西宮町410 079-443-3331
                          ㈱不動産センタータイヨー 高砂市中筋1丁目6-51 079-448-8181
                          播磨環境管理センター㈱ 高砂市高砂町鍛冶屋町1390 079-443-0003
                          ㈱ハウジングメイト 高砂市神爪1丁目14-36-1 079-432-2618
                          ㈱ランディック 高砂市神爪1-11-40 079-431-2371
                          ㈲大成住建 高砂市阿弥陀町魚橋1016-1 079-448-6671
                          井本不動産 高砂市米田町島18-21 079-451-7182
                          ㈱ソネック 高砂市曽根町2257-1 079-447-1555
                          日野商事㈱ 高砂市時光寺町9-2-101 079-447-0043
                          株式会社 アカイ工務店 高砂市荒井町小松原3丁目17番18号 079-442-5778
                          松浦株式会社 兵庫県神戸市東灘区住吉山手5丁目9-2 078-851-9383
                          ダイヤプランニング 高砂市荒井町若宮町5-15-202 079-444-0055
                          相生不動産株式会社 高砂市高砂町栄町373番6 079-442-0748
                          ㈱修復屋 高砂市 高砂町 清水 1484-1 079-440-4648